デジタルアート系専門学校の卒業後の進路は?

デジタルアート、アニメ、声優の専門学校と就職先について

デジタルアート・声優を目指している方!専門学校選びや効率のよい就職方法を解説!

デジタルアート系の専門学校

デジタルアート系の専門学校がありますが、デザイン科、ゲーム科、アニメ科、ミュージック科などのジャンルに分かれています。

デザイン科の場合はデザイナーやイラストレーター、ゲーム科はゲーム・クリエイター、アニメ科ならアニメーター、ミュージック科であればアーティストや声優というように、将来あなたが何になりたいかで選ぶジャンルが違ってくるでしょう。

ただ、あなたが入学当初はデザイナーやイラストレーター志望であったとしても、入学している間にゲームやアニメを作ってみたくなるということもあるかもしれません。

そんなときに、自由に選択科目が変更できるような専門学校の方が良いのではないでしょうか?思っていたところ違ったなんて言って、1年、2年を無駄にしていてはあっという間に時間が過ぎてしまいます。

声優志望からイラストレーターのように大幅に進路を変更する場合は、入り直す必要が出てくるかもしれませんけど、イラストレーターとアニメーターのように素質がかぶっている場合などは、コースが選べるようになっている専門学校を探してみてください。使うソフトがアドビ関係のソフトですと、大体の使い方は似ているので、根気よくやれるのであれば途中からコースを変えても問題ないでしょう。

デザイン科

一口にデザイン科と言っても、「グラフィックデザインコース」、「Webデザインコース」、「イラストコース」などに分かれています。全てを学べる専門学校もありますが、浅く広く学ぶより、深く狭く学んだ方が戦力に慣れる業界です。

グラフィックデザインコースは、おもに本や雑誌などの印刷物のデザインを教えるコースで、グラフィックデザインコースに進んで将来なれる職業は、グラフィックデザイナーやパッケージデザイナーです。卒業後の就職先には、デザイン会社や広告代理店、印刷会社などがあります。 SOHOでグラフィックデザイナーをやっている人は一握り。仕事を安定してもらう事は難しいので、まずは就職が無難でしょう。

Webデザインコースでは、Webサイトを企画したり、ホームページの作成について学びます。Webデザイナーコースを選択して将来なれる職業は、Webデザイナーです。卒業後の就職先には、デザイン会社や広告代理店、Web制作会社などがあります。Web制作には夢があって良いですよね。一通りのスキルを付けられれば独立も簡単ですし、就職後も学びながらお金がもらえるようなものです。就職してからも勉強に行く方が多いのもWebデザインコースの魅力の1つです。

イラストコースでは、イラストの描き方、キャラクター作りなどの基礎から教わります。イラストコースを選択して将来なれる職業は、イラストレーターです。卒業後の就職先には、デザイン会社や広告代理店、出版社や印刷会社などがあります。 また、イラストレーターの3Dでの使い方を覚えると、ジュエリーのデザイナーなどにも採用されるでしょう。女性に人気なピンキーリングブランドの社長も、デザイナーをイラストレーターから採用していました。

ゲーム科&アニメ科

ゲーム科は、ゲームの企画やゲーム製作について教えるコースです。この科を選択して将来なれる職業は、ゲーム・クリエイターであり、卒業後の就職先はゲーム会社です。

ほかに、「アニメ科」を設けているデジタルアート専門学校があります。アニメ科では、アニメーションの作り方を基礎から教えてもらえるでしょう。卒業後の就職先は、アニメ制作会社になります。

ミュージック科

ミュージック科は、アーティストや声優などの音楽の仕事に携わりたい人が選択する科ですが、その人の目指す仕事がアーティストか声優かで、選ぶコースは違ってきます。

アーティストになりたい人は「ミュージシャンコース」、声優になりたい人は「声優コース」のあるデジタルアート専門学校を選びましょう。

ミュージシャンの場合は、専門学校内に楽器が弾けるスタジオが必要になりますし、声優志望の場合は、現役の声優が講師として招かれているような専門学校の方がいいかもしれません。

インターンシップの利用

インターンシップとは、学生が専門学校に通学中に企業で一定期間仕事を体験するというものです。

在学中に企業で働いてみることで、自分が進みたい方向性やどんな仕事が向いているのかがわかります。

専門学校を出て就職したときに、デザイン会社や広告代理店で働いてみてはじめて、自分がやりたかったのはこれじゃない……と気づく場合があるからです。

インターンシップで企業体験することで、そのようなミスマッチを避けることができます。

最近、このようなインターンシップを導入する専門学校が増えているようです。勉強とインターンシップの両立とでスケジュール的にはきつそうですけど、インターンシップのある専門学校もよいのではないでしょうか?

オープンキャンパスへの参加

オープンキャンパスは、専門学校への入学を希望している学生が、スクール内を見学して、専門学校へ興味を持ってもらう取り組みです。

特に、デジタルアート系の専門学校はクリエイティブな職種ですから、設備が充実していた方が入学後に便利です。あらかじめオープンキャンパスで体験入学をして、教室の雰囲気やどのような施設があるのか見ておきましょう。

資料だけ見て判断するより、実際にどんな講師に教わるのかが確認できて、入学後の参考になると思います。

オープンキャンパスは予約制となっていますから、専門学校のホームページにあるお問合せフォームを使って、あらかじめ予約を入れてから訪問してください。