アーティスト(歌手)に求められる才能って何!?

デジタルアート、アニメ、声優の専門学校と就職先について

デジタルアート・声優を目指している方!専門学校選びや効率のよい就職方法を解説!

アーティストになるには?

デジタルアート系の専門学校には、アーティスト部門のある学校があります。

アーティスト部門とは、歌手を目指している人が入学する「ミュージシャンコース」などです。名称については、専門学校によっていろんなコース名が付いています。

ミュージシャンコースでは、ダンスのレッスンとか、ボイストレーニングなどを行っています。なかには、ギターやピアノなどの楽器を練習するコースもあります。

歌手の就職先ですが、レコード会社と契約する方法があります。レコード会社が開催している「新人オーディション」などに応募して合格することで、歌手デビューへの道が開けます。

歌手のデビュー方法

歌手としてデビューするには、レコード会社が「新人オーディション」を開催していますから、地道に応募し続けることです。

たとえ合格しなくても、それなりに才能やセンスがあれば、レコード会社の関係者の目に止まって、それがデビューのきっかけになることもあるようです。

今は、YouTubeのような動画サイトに動画をあげているうちに人気が出て、そこからレコード会社に売り込むようなこともできそうです。

アーティストに必要な才能とは?

アーティストに必要な才能ですが、歌がうまい、ギターやピアノなどの楽器が弾ける、作詞が得意、作曲できるなど、歌う以外の才能があれば、デビューしやすくなります。

この中のどれかに才能が偏っている場合は、バンドを組むという方法も考えられるでしょう。

ボーカルには華が必要ですから、自分にアーティストとしてのオーラが足りない場合は、華のあるボーカルを探せばいいですし、作詞や作曲だけ担当することも可能です。

アーティストの場合は自分に才能が足りなかったとしても、才能のある人と組むことでデビューできるかもしれません。

オーディションに落ち続けているような場合は、同じオーディションに参加している人をバンドのメンバーとしてスカウトするという方法もありそうですね。